代表メッセージ

昨年は設立以来の準備や取組みが実を結び、多くの成果を達成することが出来ました。
特にお客様の海外進出においてファーストステップである計画フェーズへの支援について、JICAやJETRO等の政府機関が実施する中小企業支援調査・パイロット事業を、インドネシア、ミャンマー、ベトナム、シンガポール、マレーシアにおいて実施しました。また、こうした政府支援によらないお客様の海外進出に向けた準備支援も実施しております。一例として、ミャンマーでの農産物加工品の原料調達・生産を目指す企業様と現地パートナー企業との合弁企業設立に向けた交渉・契約締結に向けた支援を行い、会社設立を実現すると共に、弊社も一部出資することで息の長い支援を実施する体制が整いつつあります。

こうした成果を踏まえ、お客様の事業価値向上に向けた支援を充実させるべく、以下の方針で事業を展開していく所存です。

1.コア事業や支援対象国・分野の定着・強化
これまで主に実施してきた計画フェーズにおける支援を継続・拡充すると共に、同フェーズを終了し、実際の商売を行うための現地拠点設立・運営フェーズに移行されたお客様に対する支援を強化していきます。具体的には、設立フェーズにおける会社設立・免許取得支援や税務・法務サポート、人材確保支援、資金調達支援等についての取組みを開始しております。また、運営フェーズについては、これまで実施してきた販路開拓や商談サポート、輸出入支援を拡充すると共に、クロスボーダーM&Aや日本への人材派遣に向けた取組みを新たに開始致します。
また、支援対象国をミャンマー、インドネシア、ベトナム、対象セクターを農水産業・食品加工、医療・福祉・スポーツ、建設・建機関連に焦点を当てることで、限られた社内リソースで最大の成果を挙げることを目指します。

2.ローカライゼーションの強化
お客様の現地提携先や販売先との関係強化や開拓など、進出先国での事業の円滑な推進を支援すべく、上記三か国における弊社の現地拠点の設立に向けた準備を進めます。
インドネシアにおいては、昨年中に現地法人(略称「ケンドネシア」)を設立し、お客様の現地生産・販売事業や輸出入支援を開始致しました。また、同国の国営水産企業であるペリカナン・ヌサンタラ社と業務提携に向けた覚書を締結し、日本企業の現地での事業展開及び同国の水産品・水産加工品の輸出促進に向けた相互協力と、インドネシアの漁業セクターの発展に貢献することに合意致しました。
ミャンマー、ベトナムについても本年中に現地拠点法人を設立、現地ベースでの支援及び事業展開を更に拡充していきます。

今後も、会社の命運を左右する海外事業に取り組むお客様を支援するという気概と緊張感を常に持ち、常にお客様の思いや情熱に寄り添い、事業の成功実現に向けて現場で共に悩み、苦しみ、笑い、涙し、成長していきたいと考えています。そして、企業の皆様に感謝され、末永くお付き合いすることを目指しています。これと同時に、進出先の国々の市場やビジネスパートナー、消費者にとっても意義ある事業展開を実現し、弊社の「ビジネスを通じて世界に革新的・持続的な社会開発を呼び起こし、貧困を無くすことに貢献する」というミッションを達成し続けるべく、果敢に挑戦を続けます。

株式会社ケンドマネジメント
代表取締役 高橋 宏太郎