メンバー紹介

高橋 宏太郎 / 代表取締役

日本企業の海外進出・事業展開を支援するデベックスジャパン株式会社(現ケンドマネジメント)の創設者・代表として、東南アジア諸国を中心に海外事業計画の策定や事業実施、販路開拓等の支援に関する15年に及ぶ豊富な経験を有する。

また、経済産業省やジェトロ、中小機構、中小企業庁、外務省、JICA等が実施する政府の中小企業海外展開支援制度において、業務統括として事業を実施した豊富な経験を有している。

このほか、業務の一環として、こうした企業が金融機関やPEファンド等からの資金調達支援や、地元企業とのM&Aに向けたマッチングや交渉支援を実施している。創業以前は、国際協力機構(JICA)及び外務省に11年間あまり勤務し、日本の政府開発援助(ODA)政策立案やプロジェクト実施業務を担当した。

1996年に東京大学大学院経済学研究科にて経済学修士号、2002年にハーバード大学ケネディスクールにおいて行政学修士号(Master of Public Administration, MPA2)を取得。

趣味は海外旅行、飲み歩き、スキューバーダイビング、筋トレ、読書

木野 秀樹 / 企業海外展開業務 執行取締役

商品開発や事業モデルを中心に、日本の中小企業アドバイザーとして25年年間活動。

地域おこしや地域連携などの事業では農林水産省などの事業をフル活用して、企画立案から現場での実施まで様々なプロジェクトを立ち上げてきた。

2012年JICA中小企業海外展開支援事業が開始されるとともに「日本の技術を世界へ」との念から、アドバイザーとしての活動拠点を日本から海外に移し、数多くのJICAプロジェクトを実施して、ビジネス展開を成功させてきた。

太田 美郷 / 取締役

大学卒業後、メキシコの日系企業でマーケティング部門に所属、日系団体での広報業務に従事した後、米国オレゴン州に移住しウェブサイト制作・運営管理業務に従事。

約10年間の海外生活を経て帰国、(株)ケンドマネジメントに入社。
中小企業海外進出支援をメインとしたコンサルティング業務に携わり、現地市場調査、現地政府・現地企業との交渉、各プロジェクト運営管理、来日要人サポートといった業務を手掛けている。

これまでメキシコ、ミャンマー、インドネシア、ベトナム、ケニア、エチオピア、パプアニューギニアなどで中小企業支援プロジェクトに参加してきた。

小丸 康子 / シニアマネージャー

外国人と働くことをキャリアのテーマとし、英会話学校の運営、財団法人で外国人研修員受入事業、通訳派遣事業の新規立ち上げを経験した後、(株)ケンドマネジメントに入社。

日本の少子化、人材不足に問題意識を持ち、優秀な外国人材と日本企業をマッチングすべく外国人材紹介事業を担当している。

岩木 幸太 / マネージャー

新卒で広告会社に勤務後、国際協力の世界へキャリアチェンジし、国境なき医師団などのNGOや国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)において、エジプト、スーダン、ケニア、ウガンダ、パキスタン、マレーシア、フィリピンなどで、主に医療支援や難民支援活動に従事。

アフリカを中心に、これまで約10年の海外勤務・滞在経験を持つ。

日本企業の技術や商品の海外展開に助力することで、途上国の課題解決に寄与することに熱意を注ぐ。

関西学院大学法学部政治学科、University for PEACE(MA in International Law & Settlement of Disputes)卒業。

高橋 喜久代 / マネージャー

独立行政法人日本国際協力機構/JICA(一般財団法人日本国際協力センター/JICE所属)で、JICAプロジェクトの精算・支払業務や、環境社会配慮支援ユニット業務に従事した後、ケンドマネジメントに入社。

ケンドマネジメントで実施している全てのプロジェクトの業務管理・調整及び精算業務を担当している。

遠田 美由紀 / アシスタントマネージャー

日本国内にてITエンジニアとして勤務後、(株)ケンドマネジメントへ入社。

インドネシアへの留学経験があり、インドネシア語やインドネシア文化への理解が深い。

インドネシア、ベトナムのプロジェクトを中心に、業務管理やプロジェクトマネジメントなどを担当している。

Nguyen Minh Thai / アシスタントマネージャー

ベトナム国家大学ホーチミン市校卒業後、2014年に来日し流通科学大学に入学。

卒業後関西の中小企業でアジア進出事業を担当。

その後東京の人材紹介会社にて人材紹介事業に従事。

ベトナムをはじめ、海外と日本との架け橋として貢献したいとの思いで、ケンドマネジメントに入社。

お客様のベトナム進出関連事業と外国人材関連事業に携わっている。

加藤一美 / PT.AJIRUSHI DISTRIBUSI INDONESIA Manager

1999年にJICA 青年海外協力隊員としてインドネシアに赴任。

2017年までインドネシアで青年海外協力隊員活動や様々なJICAプロジェクトに従事。

その後も、国際協力と日本企業のインドネシアでのビジネスの成功のために、インドネシア南スラウェシ州で活動。

インドネシアでの居住歴20年のエキスパート。

多田 宗則 / 政策顧問

日本工営株式会社に10年、日本工営グループ会社(コーエイ総合研究所)に22年勤務後、2017年に株式会社ケンドマネジメントに移る。

日本工営在職中は、エコノミストとして農業/港湾/上下水道/都市開発/経済特区分野のJICA/ADBプロジェクトに従事、コーエイ総合研究所では相手国産業調査、中小企業開発支援、官民連携(PPP)プロジェクト、中小企業(日本)海外展開支援を行ってきた。

1976年に中央大学経済学部卒業、1982年にロンドン大学London School of Economicsでディプロマ、School of Oriental and African Studiesで経済学修士号を取得。

今後のテーマは、医療/環境・リサイクル分野の個々/複数中堅・中小企業の海外展開支援に対し本邦側の課題(支援融資、官民連携、人材育成等)について検討する。

赤羽 淳 / 経営顧問

中央大学経済学部・大学院経済学研究科教授 博士(経済学)

大学院修了後、株式会社三菱総合研究所にて、主に日本のモノづくり企業の海外進出コンサルティング業務(主に新興国)に従事。

1999年から2001年まで台湾師範大学、台湾大学へ留学経験あり。

豊富な調査・コンサルティング経験に基づき、現在は実践的な教育と研究活動に従事している。

著書に『アジアローカル企業のイノベーション能力』『東アジア液晶パネル産業の発展: アジア後発企業の急速キャッチアップと日本企業の対応』などがある。

2020年1月より、株式会社ケンドマネジメント経営顧問に就任。

村木 徹太郎 / 経営顧問

株式会社パラマウント・エイム代表取締役

大学院(修士)終了後、外資系証券会社及び世界銀行本部、デロイトトーマツコンサルティングでの勤務を経て、イデアキャピタル(株)代表取締役パートナーに就任。

2003年、(株)産業再生機構に入社、(株)カネボウ化粧品CFOに就任し同社の再建を担当。

2007年、(株)東京証券取引所に入社、経営企画部企画統括役に就任。2009年、(株)TOKYO AIM取引所の設立に伴い、同社の代表取締役社長に就任。

2012年よりフロンティア・マネジメント(株)にて専務執行役員兼シンガポール支店長を務める。

1991年に上智大学外国語学部比較文化学科にて修士号、2001年にハーバード大学ケネディスクールにおいて行政学修士号(Master of Public Administration, MPA)を取得。

2020年1月より、株式会社ケンドマネジメント経営顧問に就任。

大久保 晋吾 / 顧問弁護士

外務省経済局勤務、ヤンゴン大学法学部・客員准教授、カリフォルニア大学バークレー校ロースクール上席研究員(知財法、情報法、データサイエンス)、McDermott Will & Emery法律事務所勤務(パリオフィス)を経て、現在は東京弁護士会所属弁護士。

2008年に慶應義塾大学ロースクール(J.D.)、2018年にカリフォルニア大学バークレー校ロースクール(LL.M. Law & Technology専攻)を卒業。

葛貫 賢治 / 食品アドバイザー

スーパーマーケットなどの流通の現場を経験後に、水産加工会社で工場長・営業部長として、食品の商品開発から生産・プロモーションまで手掛けてきたエキスパート。その後、海外でのプロモーション活動や食品加工・衛生管理技術などODA活動にも従事。現在は、日本とインドネシアを拠点に、水産事業を行うとともに、食品関連企業の海外展開も支援している。